2010.09.22

若松孝二監督を迎えてのトークショー・レポ!

20100921.jpg

9.21(火)は現在『キャタピラー』が大ヒット中の
若松孝二監督をお迎えしてのトークショーでした!


壇上に上がるなり「おめでとう」と何やら曰く付きのワインを白石監督に進呈してくださった若松監督。15年前、20歳で若松監督の元、トイレ掃除から始まったという白石監督の映画人生を振り返りつつ、映画作りの根本にある「志」について熱く語ってくださいました!

途中からは若松監督司会で「白石のためになるから」とお客さんとの質疑応答へ。いろいろな角度からお客さんの質問が飛び交い、それに対してまっすぐに答える白石監督。その対話が映画が多面体にしてゆく楽しさを共有できて、とても貴重な場となりました。23時過ぎまで残って真剣に映画に向かい合ってくれたお客様には頭があがりません。本当にありがとうございます!

そして、会場にはキャストの内田慈さん、ウダタカキさんの姿も!これもまたシネコンでは味わえないリアル3D体験が味わえます。東中野在住の白石監督も日々劇場に足を運んでくださっておりますので、是非ご感想を直接お聞かせ頂ければと思います。(直井)
posted by スタッフ at 14:05 | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。